プールでアタマジラミのトラブルが多いのはなぜ?

小学生のプールの授業はアタマジラミの感染に要注意

小学校のプール学習でアタマジラミの集団感染。
こうした内容のニュースを、数年に1回くらい目にすると思います。逆に言うと、プール以外でアタマジラミの集団感染のトラブルがニュースになったのは、聞いたことがないかもしれません。

では、なぜプールでは、アタマジラミのトラブルが多いのでしょうか?

プールの水を介してアタマジラミが他人にも寄生するという細菌のような感染がイメージされるかもしれませんが、それならプールも学校のものだけに限られることは無いし、同じくらい温泉施設での集団感染事例があっても良いようなもの。

アタマジラミは接触又は物の共有による感染が主です。
水を介して他人に感染することは、あまり考えられません。
むしろ、水の中では、流されまいと髪の毛にしっかりしがみつくので動きが止まるそうです。

小学校のプールでは、ロッカーや脱衣かごは当然共用で尚且つ衛生管理がそこまで徹底されていない場合も多いため、アタマジラミをそこからもらいやすいそうです。

また、頭を拭いたタオルを使い回すことで実質の接触感染の危険性もあるそうです。
となると、アタマジラミに感染しないためにも、衛生管理があまり行き届いていないプール施設や温泉施設は、なるべく利用しない方が良いと思います。

アタマジラミは単独でも2、3日は生きていくことが出来るそうなので、誰かが使ったタオルを介してロッカーなどに忍び込んだアタマジラミが、また別のタオルが入ってきたときに感染するなんていうことも有るのかもしれません。

こうした状況を避ける為には、自分の使用するタオルは他の人と共用しないのはもちろんですが、ロッカーの中に入れておく時も密閉出来る袋の中に入れておくなどして対処するのも良いのではないでしょうか。

また、プールの授業が続くような場合でも、出来る限り毎回新しいタオルを持ってくるようにすることもアタマジラミの感染を減らすことに繋がるのかもしれません。