お湯を使ったアタマジラミの駆除方法

お湯を使うのは人ではなくシーツなど限定

アタマジラミを駆除する方法として、昔からよく熱湯消毒は用いられていたそうです。

お湯で死ぬならわざわざ薬用シャンプーやパウダーを使う必要はなく、お風呂でよく髪を洗うだけで十分なのだと思っていまうかもしれませんが、実際のところ、そう簡単に解決できないものです。

確かに、アタマジラミには、熱に弱いという特徴があるそうです。
しかし、それはお湯の温度で言うと、60℃以上。

お風呂の温度なんて、せいぜい40℃前後。
60℃のお湯に頭を浸そうものなら、きっと火傷を負ってしまうと思います。

45℃位でも低温やけどの危険性があるので、それを考えると頭に直接熱いお湯をかける方法は、絶対に行えない方法です。アタマジラミに寄生される事より大変な状態になるので禁忌です。

では、アタマジラミへの熱湯消毒は、どういった形で行われるべきなのでしょうか?

この熱湯に浸すのは頭ではなく、シーツや枕カバーの事です。
アタマジラミは人間の髪の毛から、シーツや枕カバーなどの上に落ちた場合でも、2~3日は生存する事が可能なので、そこに髪の毛が接触した場合はまた寄生する事があります。

生活を一緒にしている大人に寄生するのはこうしたケースです。
そんな感染経路を絶つ為に有効なのが、熱湯消毒なんですね。

具体的には、60度以上のお湯に5分程浸した後、洗濯すると良いと言われています。

それに、使っているシーツの中には、熱を使って洗ってはいけないようなデリケートなものがあるかもしれません。

そういう場合は、熱湯でアタマジラミが死ぬとしても、ちょっとためらってしまいそうです。
もしもアタマジラミを子供から発見したら、そういうデリケートなシーツは、アタマジラミが餓死する期間以上隔離放置して、当分使わないようにするしか無いのかもしれません。