アタマジラミをいち早く駆除できる製品がわかりました

アタマジラミの問題点:繁殖力

  • 「あれ?なんか白いのたくさん付いてる・・・」
  • 「いやだわ、なかなか取れない・・・」

子供の頭に、白く小さい粒が無数についていたら、アタマジラミが寄生しているかもしれません。

■アタマジラミの特徴

アタマジラミの成虫は、体長が2~4mm程度、色は、白や茶褐色の小さな虫です。耳のうしろや後頭部に潜んでいることが多く気づきにくいことがあります。

成虫の寿命は「30~45日」で、毎日平均5個の卵を産み続けます。一匹のアタマジラミが産む卵の数は、50~150個程度と言われてます。

■卵の特徴

毛髪にしぶとく取れない小さな粒が見つかった場合、髪の毛に産み付けられたアタマジラミの卵かもしれません。

卵の大きさは、0.5~1mm程度で光沢のある灰白色の楕円形で髪の毛に固定されています。卵が見つかった場合、何日も前からアタマジラミが居たことを意味します。

このページでは、失敗しないアタマジラミの駆除方法について解説していきます。

■お急ぎの場合はこちら
>>【最短20分】シラミ完全駆除3点セットの詳細へ

目次

全額自己負担・保険が適用されない

アタマジラミの処置は、保険が適用されません。

寄生虫は、感染症(病気)ではないので健康保険が使えません。病院の診察料、シラミ専用駆除剤代金は、全額自己負担となります。

病院で診察を受けること自体は可能で、大半の場合は、ドラッグストアでも購入できるシラミ駆除剤を買うよう促されます。

ただし、病院から使用を推奨されるシラミ駆除剤には、殺虫剤成分(ピレスロイド系フェノトリン)が使われています。

この成分では、卵を駆除できないことにも注意しなくてはなりません。

普通のシャンプーでは洗い流せない

アタマジラミは、市販のシャンプーでは洗い流すことが出来ません。

しっかりシャンプーすれば、「それなりに取れる」とは言われます。

しかし、アタマジラミは、水に濡れると髪の毛や皮膚にがっしりと爪を立ててしがみつく性質があるのでしぶといです。

また、髪の毛に固着している卵は、簡単に取れないこともあります。

卵の駆除に時間がかかる

従来のシラミ駆除剤には、3つの問題点があります。

  • 殺虫剤成分が含まれている
  • 卵には効かない
  • 駆除期間が長引く

■殺虫剤成分が含まれている

ピレスロイド系は、一般的な殺虫スプレーや農薬として幅広く使われているものです。神経毒による駆除なので、動いている成虫や幼虫にだけ効き目があります。

近頃は、殺虫剤成分を子供に使うことをためらう声も増えています。

■卵には効かない

卵は、専用のクシで取り除くか、ふ化を見越して処置するしかありません。

また、卵がセメントのような強力な接着成分で固定されているので、無理に取ろうとすると、子どもの頭皮を傷つけてしまう恐れがあります。

卵は、髪毛の付け根に産み付けられている場合もあり、取りづらいことがあります。

■駆除期間が長引く

動くことのできるアタマジラミの成虫を弱らせておき、卵からふ化した幼虫も弱らせるという2段階になるので時間がかかります。

最近では、ピレスロイド系の神経毒でさえ効き目が見られない「抵抗性シラミ」が増えていることも問題となっています。

従来の駆除剤は最短7~10日必要

シラミ対策の市販薬として、日本では、ピレスロイド系の殺虫剤成分であるフェノトリンを含んだシラミ駆除剤が使われています。

フェノトリンには、虫の神経系をおかしくして動けなくする作用がありヒトへの有害性も少ないことから、一般的に使用されるようになりました。

スミスリンを使用してアタマジラミを駆除する場合、最短でも7~10日前後かかると言われています。

この薬が効かない抵抗性シラミだと長期間続けても駆除できないケースもあります。

薬の効かない抵抗性シラミが増えている

抵抗性シラミとは、フェノトリンなどの強力な殺虫成分でも殺せない、薬に抵抗力を持ったシラミのことです。

元々は、アメリカで急増したものが日本に流入してきたと考えられています。

これらの問題を解決できなければ、アタマジラミの駆除は、時間が取られるばかりです。

シラミ駆除の問題点を解決するには?

アタマジラミの駆除が大変な理由をまとめると、以下のようになります。

  • 病院では駆除してもらえない
  • 市販のシャンプーは効かない
  • 従来の駆除剤は卵に効かない
  • 完全駆除まで早くても10日前後かかる
  • 殺虫剤成分を含む製品がある
  • 天然成分の駆除剤は効き目が弱い
  • 抵抗力を持つシラミがいる
  • 洗濯や掃除をこまめにしなくてはならない

アタマジラミは、保険適用とならず駆除作業も自分たちで行わなくてはなりません。

また、家族間の感染を防ぐには、衣類やバスタオル、寝具のこまめな洗濯、掃除も必要です。

「これらの問題を解決するには?」

これまでのシラミ駆除に関わる問題を解決する方法として、アメリカで新しいタイプのシラミ駆除剤「シラミンローション(Clilamin loatin)」が開発されました。

シラミンローションは、シラミが社会問題となっているアメリカで製造され、現地の幼稚園での臨床試験も実施されている製品です。

シラミンローションの特徴

シラミンローションは、殺虫剤のような神経毒ではなく、「脱水」と「窒息」という作用を持つ天然由来成分が配合されています。

以下のような特徴があります。

  • 卵を駆除できる
  • 天然成分100%で駆除できる
  • 抵抗性シラミにも変わらない効き目

アタマジラミの神経(内側)ではなく、外側から物理的に近い方法で駆除する作用により、抵抗性シラミにも変わらない効き目を持ちます。

>>シラミンローションの詳細はこちら

毛ジラミ対策としても利用できる

シラミンローションは、毛ジラミ対策にも使用できます。

子どもの頭皮、大人の陰毛付近など、皮膚の薄い部分にも安心して使用できます。

大人に多い毛ジラミは、皮膚が薄く刺激に弱い部位であり、アレルギー反応も強く出やすいので早めの対策が肝心です。

安全成分で駆除と予防の両立

シラミンには、ローションとは別に、シャンプーと専用のクシが用意されています。

>>アタマジラミ対策3点セット

これら3製は、以下の用途で分けられています。

製品名 用途
シラミン専用クシ シラミの除去
シラミンローション シラミの直接駆除
シラミンシャンプー 残ったシラミの駆除と殺菌、予防効果

【1】専用クシで取り除く

アタマジラミが目視確認できるほど多い場合、シラミン専用クシで出来るだけ取り除くことが最初にすべきことです。

成虫だけでなく幼虫や卵など小さくても梳き取ることができ、金属製なので熱湯消毒も可能です。

専用クシを使う場合は、髪の毛を濡らして使うのが理想です。

このとき、シラミンローションを塗って使うと、アタマジラミを弱らせながら取り除くことができます。

【2】ローションで直接駆除する

メインで使用するのが、シラミンローションです。

使い方は、専用のクシである程度除去したあとにシラミンローションを手に取り、頭髪と地肌に直接すり込むことです。

後は、20分以上放置すれば、アタマジラミの駆除が完了します。使い方自体は、とてもシンプルなので迷うこともありません。

また、1本あたりの内容量は、240mlと十分な量が含まれています。

【3】シャンプーで仕上げと予防

アタマジラミの仕上げと再感染予防には、シラミンシャンプーで対策可能です。

毛髪に残っているシラミの死骸を洗い流し、生き残っているしぶといアタマジラミをティーツリーオイルなどの殺虫作用を持つ成分が有効に働いてくれます。

他にも、ニームオイルなどのシラミを寄せ付けない成分も含まれているので、再感染の予防にもなります。

子供のアタマジラミには、シラミンローションを使用し、他の家族は、シラミンシャンプーを使用すれば、感染リスクを抑えることにも繋がります。

>>【最短20分】シラミ完全駆除3点セットの詳細へ

注文から届くまでどのくらいかかる?

ドクターズチョイスのシラミンローションは、今日これから注文して届くまで、最短5日、遅ければ10日前後かかります。

「急いで駆除したいのに、なかなか届かない」

このような場合に備えて、症状別に2つの対処方法をご案内します。

■アタマジラミが多い場合

明らかにアタマジラミの数が多い場合は、日本のドラッグストアで入手できるスミスリンを1本購入し、駆除を始めておくのが一つの方法です。

アタマジラミを完全駆除するには、スミスリンが2~3本必要で期間は最短でも7日程度なので、2本目から、シラミンローションに切り替える流れです。

■内容量の違い

商品名 実際の販売価格 容量 1mLあたり
シラミンローション(240mL) 5,490円 240mL 23円/mL
スミスリンシャンプーL(80mL) 1,973円 80mL 25円/mL

■アタマジラミが少ない場合

まだ、アタマジラミが少ない場合、もしくは、殺虫剤成分に抵抗がある場合は、シラミ駆除専用のクシだけ事前に準備して目視範囲で取り除きながらシラミンローションが届くのを待つという方法もあります。

クシだけなら、ネット通販ですぐ入手できます。

すぐに処置を開始したいのか、それとも、成分の安全性や卵、抵抗性シラミへの効き目などを重視するかで、妥当な選択が自ずと見えてくるのではないでしょうか。

>>シラミンローションの詳細はこちら

MENU