アタマジラミはお母さんに移りやすい?

アタマジラミは母親への感染率が高いそうです

皮膚科のクリニックの先生のブログなどに書かれていた情報ですが、アタマジラミで診察に訪れる人は、少ないながら定期的に現れるそうです。

また、診察してみると、割合的に子供からお母さんにアタマジラミが移っているケースが多いのだとか。

なぜ、お父さんよりお母さんに移りやすいのでしょうか?

その理由は、お父さんは、仕事で出かけている時間が長く子供と接触する時間も少ないからだそうです。特に、残業続きで帰宅する時間には、すでに子供は寝ているという場合もあると思います。

こうした状況も関係してか長い時間を一緒に過ごすお母さんの方が自ずと感染率が高くなるということのようです。

また、アタマジラミは、感染しやすい場所として後頭部や耳の後ろ側など、頭の部位でも湿っている部分を好むそうです。加えて、髪の長い女性であるという条件が重なり感染しやすい条件が揃っているからとも言われています。

幼稚園に向かいに行き、子供を抱きかかえる、この瞬間にも移っているかもしれませんが、こうした機会が多くなればなるほど感染しやすいという事ですね。

なので、まずは、日頃の生活の中で無意識に子供の頭と接触している事が無いか確認してみる事もシラミの予防や早期発見には必要となってくると思われます。