寝具についたアタマジラミの対策方法

シーツなどは60℃以上のお湯で5分以上浸け置き

アタマジラミを駆除する方法として、昔からよく熱湯消毒(煮洗い)が用いられていたそうです。

煮洗い時は、60℃以上のお湯に5分以上漬け込むと、寝具などに潜んでいるアタマジラミを駆除することができると言われています。

アタマジラミはヒトの毛髪から落ちても、2~3日は生存することが可能です。特にバスタオルや枕カバーなど、髪の毛が直接触れるものは、再感染のリスクを伴います。

そんな感染経路を絶つ為に有効な方法が煮洗いです。

使っているシーツの中には、熱に弱いデリケートなものがあるかもしれません。

デリケートなシーツにアタマジラミが潜んでいる可能性がある場合、ジップロックなどの密閉できるビニール袋で5日以上隔離するという方法もあります。

洗濯と掃除はこまめに行う

掃除や洗濯を小まめにすることが、アタマジラミの再感染予防となります。

理想を言えば、布団やカーペットは毎日掃除機をかけ、枕カバーやシーツなどは洗濯前に煮洗いを行うことです。

洗濯物を分ける

アタマジラミは、大人では流行しにくいですが、家庭内でとなると事情は異なります。

もしも、家族の一員がアタマジラミに感染してしまった場合、タオルやシーツなどは、絶対に共用しないことが大切です。

また、予防として洗濯物を分けることも対策として必要となります。

アタマジラミは水中でも一定時間は生きていて、洗濯の中で必ずしも死滅するわけではありません。洗濯で洗いながしたつもりが、家族中の服にアタマジラミがくっついている場合も考えられます。

しかも、ダニやホコリなどは、洗濯の流水で流してしまうことが出来ると思えますが、アタマジラミは、ピンセットで取ろうとしたり水の中に入ると、爪を立てて動かないようになるそうなので、結構しぶといようです。

関連記事一覧

MENU